電力ネットワークカンパニー 岐阜支社 総務部 建築グループ
  • 中部電力パワーグリッド株式会社 岐阜支社 総務部 建築グループ(土木・建築部門)

速水 紀文

2018年入社 工学研究科 建築学専攻 卒業
CAREER PATH

入社後、建築部門に配属され、現在は主に社内環境の整備・維持・改善に従事。照明の移設や空調管理といった要望を多角的に検証、設計施工へと反映し、働く人が安全かつ十分に生産性を発揮できるよう、オフィス・労働環境の最適化に取り組んでいる。

対話を重ね、潜在ニーズを汲み取る

対話を重ね、潜在ニーズを汲み取る

建築グループは、中部電力が保有するすべての建物に対して、計画・設計から現場の施工管理や保守・維持管理、撤去に至るまでを担います。どの段階においても重要なのは「調整力」と「技術力」。これらを活かせた案件として印象に残っているのは、営業所の倉庫の新築依頼があったときのこと。大きさなどの概略はすぐに決まったものの、どんな些細な要望にも応えたいとの思いからこまめに現状報告を行い、別件で連絡をとる際も進捗状況を伝えたりと、気軽に相談していただける雰囲気づくりを心がけました。すると、「靴を履いたまま利用したい」「においが漏れないよう密閉できるものを」「倉庫内のものを濡らしたくない」等、現場ならではのニーズを引き出すことができました。

理想の建物を一緒に作り上げていく喜び

そうした細かな要望を技術的検討から実現につなげた結果、建物が完成したときは感謝の言葉をかけていただき、とても嬉しかったです。この案件のように、当社は社内に建築部門があるためコミュニケーションが取りやすく、意見をすり合わせながら理想の建物を一緒に作り上げていけるのが魅力です。反応や評価がダイレクトに返ってくる点もモチベーションにつながっています。

先輩方の知見を土台にさらなる高みをめざす

先輩達の知見を土台にさらなる高みをめざす

ゼネコンが建設、設計事務所が設計のスペシャリストなら、当社は建物のライフサイクルにおけるすべての段階に関わることができるゼネラリスト。そのため、先輩達がこれまで積み上げてきた技術やノウハウを縦横断的に各プロセスに落とし込み、より良い建物に仕上げられるのが強みです。たとえば前掲の倉庫については風対策を重視しました。近年、台風による被害が多く発生しており、当社でも憂慮しています。今回、倉庫周辺にマンションや病院が建っていたため、台風により倉庫が倒壊して、万が一にも部材や中の物が飛んでいかないようにと、先輩達にアドバイスをもらいながら構造設計を実施しました。さらに私自身の工夫として、倉庫の床高さを標準仕様から変更することで内部に水が入りにくく、また荷物を搬入しやすい作りにして利便性を向上させました。工事が終わり、完成した建築物を見たときの達成感は、今も忘れることができません。

安全で快適な建物を実現するために

今、私が成し遂げたいのは、「建物起因の災害をゼロにしたい」ということ。 発電所でつくられた電気を確実にお客さまにお届けするため、そして昼夜を問わず現場を支えている社員たちのため、これからも安全で快適な建物を実現していきたいです。

私が中部電力で果たしたい約束とは

私が中部電力で果たしたい約束とは
TIPS「すべての事業を支える建築部門」

建築部門は、発電・変電設備や事業場(支社・営業所等)に係る建築設備の建設・保守等を担っています。建築設備は多岐にわたり、火力発電所における4万㎡を超える建物や高さ200m規模の煙突、事業場における災害復旧拠点建物や小規模倉庫等さまざまです。建築部門は、建築設備に関するあらゆるニーズに応え、安全・安価で良質な建築設備(空間・環境)を提供することで、安定供給に係るすべての事業(人・建物)を支えています。

先輩社員紹介一覧に戻る