配電部門
  • 中部電力パワーグリッド株式会社 名古屋支社 北営業所 配電建設課(配電部門)

藤本 玲子

2016年入社 理工学部 ソフトウェア工学科 卒業
CAREER PATH

入社以来、一貫して電柱や電線等の配電設備の設計に携わる。お客さまから電気使用や配電設備の移設の申し込みを受けた後、詳細な現地調査を実施。お客さまのご要望を踏まえ、電柱の位置や設備形成を決定、設計図の作成から工事手配まで行なっている。

ベストだと考えることをカタチにする

ベストだと考えることをカタチにする

インターンシップに参加し、お客さまと近い場所で仕事ができる配電部門に興味を持ちました。「何があっても電気を止めない!」という一つの目標に向かって真摯に取り組んでいる姿が印象的で、子育てと両立しながら活躍している女性社員もいたことが後押しになりました。
入社後は研修期間を経て、名古屋支社北営業所で設計業務を担当しています。お客さまに電気を届けるための設備形成を検討し、設計図に落とし込むのが主な仕事。電柱や電線に関わる設計を月に20件ほど担当しています。

この仕事は、景観の一部になるという責任感

この仕事の醍醐味は「答えがひとつではない」ところです。お客さまのご要望はもちろん、電柱の建設や移設は近隣住民の方々にも関係するため、さまざまな制約の中で自分がベストだと考えることを実際のカタチにするところに、大きなやりがいを感じます。
現場の状況や将来の需要想定などを考慮して、最適な方法を考えたうえで書き起こした設計図が無事に施工者に渡り、工事が完了した時はお客さまのご要望に応えられた実感がこみ上げてきて、とても嬉しい気持ちになります。設計図通りに工事が進んでいるのか確認することはもちろん、工事後にまわりの景観と調和が取れ、思ったとおりのカタチになっているのか確認することを大切にしています。自らが携わった現場を訪れるたびに、いつも心が高鳴ります。

さまざまな仕事にチャレンジしたい

さまざまな仕事にチャレンジしたい

この仕事で大変さを感じるのは、近隣の方々との交渉ごと。なかなか理解を得ることができず、訪問や電話を何度もしたこともあります。その時は可能な設計方法を何パターンも考え、うまくいかない場合のことも想定して入念に準備を行いました。そして、できるだけ一人で抱え込まずに周囲に相談し、最適な方法をメンバーと協議しました。大変な時に頼りになる仲間がいることは、私にとって大きな支えになっています。

「街に光を灯す」という確かな実感と喜びを糧に

お客さまの期待に応え、納得がいく仕事ができた時に、お客さまから「丁寧に対応してくれてありがとう」と労いの言葉をかけていただくことがあります。その声が仕事のモチベーションにつながっています。また、新しいまちづくりに関わる設計業務を担当した時には、まち全体に光をお届けするという、新たな喜びも感じることができました。
私には、将来は設計業務だけではなく配電部門の仕事に幅広く携わってみたいという想いがあります。培った技術を発展途上国で教え、大活躍している女性社員など、憧れる先輩が社内にはたくさんいます。これから、私にももっと活躍できる場所がたくさんあるという期待に溢れています。私ができることに、どんどんチャレンジしていけたらいいなと考えています。

私が中部電力で果たしたい約束とは

私が中部電力で果たしたい約束とは
TIPS 「電力ネットワークの高度化」

太陽光発電設備などの再生可能エネルギーや電気自動車などの分散型リソースの普及が進むことで,電力ネットワークにおける電気の流れはますます複雑化します。
そこで配電部門では,時代の先を見据え、スマートメーター,センサー付開閉器,遠隔で高速に対応可能な電圧調整器などの次世代機器を配備し,IoTなどの先端技術を活用して電力ネットワークの高度化を図っていきます。

先輩社員紹介一覧に戻る