販売カンパニー お客さま営業部 ビジネス営業グループ
  • 中部電力ミライズ株式会社 リビング・ビジネス営業本部 ビジネス営業部

金井 摂

2015年入社 法学部 法律学科 卒業
CAREER PATH

名古屋の中営業所で2年のキャリアを積み、岡崎営業部へ異動。中小規模の企業向け相対営業と代理店開発に携わる。2019年からは本店で地域営業部の支援や本店が管轄する代理店の戦略バックオフィス業務に従事。

現場経験に基づいた戦略バックオフィス業務

現場経験に基づいた戦略バックオフィス業務

北陸出身で大学は京都だった私が中部電力に入社したのは、「インフラ業界にはどっしりと構え、広い視野を持った人が多い。」という父からの言葉があったのと、就職活動を通じて出会った中部電力の社員がとても魅力的だったから。もともとエリアにこだわらない就職活動をしていたので、働きたいと思った会社がたまたま中部電力だったというわけです。
入社後は営業所業務を経験後、岡崎営業部へ異動。そこで中小規模の企業さまに向けた相対営業と中部電力の商品やサービスを販売いただく新規代理店の開発に携わりました。現在は本店で地域営業部の支援や本店が管轄する代理店の戦略バックオフィス業務を行っています。

お客さまの心を開く鍵は、「寄り添う」という姿勢

各地域の営業部と連携をとりながら現場の声を拾い上げていますが、自分が現場で相対営業や代理店開発をしていた時に「こうしたい」と思っていたことを形にすることも、現場の支援につながっているのではないかと感じています。
電力自由化の流れによって、今後は中部電力の販売・対応エリアもさらに広がっていきます。お客さまの心を開くような商材や付加価値の高い新サービスを生み出すことで、各営業部や代理店がよりスムーズに、よりお客さまに寄り添ってビジネスが進められる仕組みを整えるのが、現在の目標です。

価値を生み出すことこそ営業の仕事

価値を生み出すことこそ営業の仕事

本店で地域営業部を支援する立場になった今でも、岡崎で相対営業をしていた経験がさまざまな場面で生きています。当時私が担当していたのは、長きにわたって相対営業を続けてきた大手企業ではなく、相対営業をスタートして間もない中小規模の企業さまが中心でした。お客さまとの関係性を1から構築していく必要がある上に、当時は中小規模の企業さまが他社の営業ターゲットとなっており、価格面での競争が激化していた時期でもありました。
この競争の中、価格面では他社に仮に優位になくても、これまで通り中部電力との契約を続けていただけるかが営業の腕の見せ所です。どうしたらお客さまに中部電力の価値を感じていただけるのか。私は、とにかくお客さまと向き合うことにしました。

お客さまにとって、自分自身が付加価値となる

お客さまが抱える困りごとを解決するための提案や付加価値の高い新サービスの提案を行い、時にはソリューションスタッフ(技術部門の担当者)を巻き込んで商談の場に臨みました。ありがたいことに「金井さんがいるから契約しますよ!」と言っていただけるお客さまもたくさんいて、自身の成長にもつながる貴重な経験をさせていただいたと感じています。
私が感じている中部電力の魅力は、一人ひとりの営業担当がお客さまのそばにずっと寄り添い、良きパートナーとしてさまざまな課題を一緒に解決できる点にあると思います。エネルギーの枠組みを超えて、ビジネスパートナー、暮らしのパートナーとして、これからもお客さまの一番近くで寄り添いながら、新しい価値を提供していくことができるように、現場をサポートしていきたいと考えています。

私が中部電力で果たしたい約束とは

私が中部電力で果たしたい約束とは
先輩社員紹介一覧に戻る