女性の働き方 ホントのトコロ

Women’s Real Talk

教えて先輩!女性の働き方 ホントのトコロ 教えて先輩!女性の働き方 ホントのトコロ

数年前、学生の皆さんと同様に中部電力に興味をもち、そして実際に働き始めた彼女たち。
「家庭と仕事の両立」「ライフ・ワーク・バランス」「育児休職、育児フレックス」…
言葉はよく聞くけど、でも実際はどう使うんだろう。
日々、中部電力で働く彼女たちでも、疑問に思うことはたくさんあります。
ここでは、彼女たちがさまざまなライフイベントを経験した先輩から“リアル”な声を聞いていきます。
学生の皆さんも、ご自身と彼女たちを重ね合わせて、一緒に“リアル”な声を聞いてみてはいかがですか。

Introduction

子育てとキャリアを両立する先輩と
その上司にインタビュー!

profile profile
  • 橋本 早紀
  • 福井 猛晴

インタビュアーは新人社員の小林&永井コンビ! インタビュアーは新人社員の小林&永井コンビ!

永井
橋本さんは、現在どのような勤務形態ですか?
橋本
育児フレックス(※)を利用していて、9時~16時30分頃まで働いています。業務が立て込む時は保育園の迎えを主人にお願いし、終業時間まで働くこともありますよ。復帰してもうすぐ2年になります。
※育児のために終業時間をあらかじめ固定する時短制度とは違い、育児や仕事の状況に応じて、コアタイム(10時~15時)を除いた時間で始終業時刻を柔軟に設定できる制度。
小林
復帰した初日はどんな気持ちでしたか?私だったら、久々の出勤日はすごく緊張してしまいそうです。
橋本
実は、育児休職中も、みんなが飲み会をしている時に「子どもの写真を送って」とメールが来たり、同僚とラフにコミュニケーションをとっていたので、そこまで緊張はしませんでした。職場復帰前には、子どもを連れて会社に挨拶に行きましたね。
福井
結構、育児休職中にお子さんの顔を見せに来る人はいますね。その際は「今度はこんな業務を任せるつもり」と簡単に相談をして、無理なく復帰してもらえるようにしています。

永井
育児休職中も、会社と接点があるのはすごく良いですね。職場復帰の前後で業務の内容は変わりましたか?
橋本
子どもの都合で突然お休みをいただくこともあるので、外出よりも社内での事務作業の比率を多めにしてもらっています。仕事の内容自体は、職場復帰前とそこまで変わっていないですね。
小林
どんな仕事をするか分かった上で職場復帰できるのは安心ですね。
橋本
そうですね。もちろん子どもの様子を見ながら、職場復帰後も仕事内容は随時調整してもらっています。
福井
半期に一度は面談をして「こんな仕事を任せてみようと思うけど、どう?」と本人の意思を尊重するようにしています。橋本さんからは「それもやらせてください!」と言ってくれるので、大きな仕事も任せているんですよ。
#チーム内で助け合えるから、
働きやすい
小林
お子さんは2歳と伺いました。子育てと仕事の両立はやはり大変ですか?
橋本
子どもって、本当に体調が不安定なんです。熱があって保育園に預けられない日は、申し訳ないと思いながらも仕事を休まなくてはならない。福井さん含め、チームのメンバーにはいつも助けてもらっています。私は出産後半年で職場復帰したので、子どもが1歳になるまでは授乳もあったり、子どもが体調を崩すことも多くて特に大変でしたね。職場復帰後1年間は16時に退勤していました。
福井
私自身、子どもが橋本さんのお子さんと同級生なので、子育ての大変さはよく分かるんです。私だけでなくチーム全体で同じような境遇の人が多いので、お互いにフォローし合いながら仕事を進めています。
橋本
男性社員でも、子どもを保育園に送って行くので毎日10時出社の人もいますね。
永井
業務をサポートし合うために、どのように工夫されているんですか?
福井
誰が抜けても問題がないように、仕事状況の共有にはかなり力を入れています。「一人だけしか分からないことをなくす」というのが私のモットーです。
橋本
私は終業時には会社にいないので、必ずメールで「今日はここまでやりました。明日はこれをやります」と報告しています。福井さんも、お客さま対応で外に出ていることも多いですし。
福井
私も休むことはありますし、そこは助け合いですよね。子どもの都合で休まなければならない時は、どうしても申し訳なさを感じてしまうと思うのですが、それを極力減らせるように「みんなでカバーするから気にせず休んで」と声掛けしています。

小林
すごく温かいですね。育児休職の取得前は、不安は感じなかったですか?
橋本
周りにも育児休職を取得している先輩がいたから、そこまで不安は感じなかったですよ。妊娠を報告した時にも、当時の上司から「育児休職を取った方から、話を聞くといいよ」と、先輩ママさんにつないでもらえて。制度のことをいろいろと質問できてよかったです。
永井
出産後も仕事を続けることは、最初から決めていたんですね。
橋本
復帰するのが当たり前の環境だったから、周りからも「いつ復帰するの?」という聞き方しかされませんでした。入社してから、出産を理由に辞めた人は会ったことがないですね。
福井
中部電力は、私が入社した当時からそんな雰囲気でしたよ。男性社員でも子どものために早く退勤するのはよく目にしていましたし、子どもの学校行事で休む社員も多いですね。それが当然の風土でした。
橋本
男性の同僚とも子育ての話ができる環境はうれしいですし、そこまで気を遣わずに休んだり早く退勤したりできます。今、第2子を妊娠中でもうすぐお休みに入りますが、「戻ってきた時も同じメンバーで迎えてほしい!」と強く思います。それくらい働きやすい環境です。
#どんなライフスタイルも
選べる会社
永井
キャリアのことを考えると、結婚や出産のタイミングで悩んでしまうのですが、橋本さんはどう考えていましたか?
橋本
なんとなく「いつまでに結婚、出産できたらいいな」というのはありましたが、そこまで重視していませんでした。仕事がすごく楽しかったからこそ、「結婚して仕事を辞めたい」なんて一切思わなかったですし。子どもを産んでからはもっと仕事をペースダウンしているイメージでしたが、実際はそうでもないんですよ。
福井
それ、私が悪いみたい(笑) 橋本さんは仕事熱心で「それもやらせてください」と言ってくれるから、チーム内でも頼りにしています。今や管理職にも就いていますしね。
橋本
いえいえ(笑) むしろ「子育て中だから」と変に気を遣わず、仕事を振っていただけるのはありがたいです。今、就業時間の制限はあるけれど、仕事内容に関しては制限はそんなに感じていませんね。結婚、出産後もきちんと仕事を続けられますから、そこは不安に思わないで良いと思いますよ。
永井
そう言ってもらえて安心しました。
小林
出産して、仕事に対する考え方は変わりましたか?
橋本
良い意味で仕事にメリハリをつけられるようになったと思います。独身の時はいくらでも働くことができたけれど、一人で100点を目指したいという自己満足の部分もありました。今はチームのメンバーに頼りながら、みんなで会社に貢献できたらと柔軟に考えられるようになりました。
永井
今後のキャリアについてはどのように考えていますか?
橋本
具体的なキャリアについてはまだ考えていませんが、子どもが大きくなった時に仕事の相談をされるようなママでありたいなと思います。パパだけではなく、ママもきちんと仕事をしてきたことに胸を張れる存在でありたい、というか。
私が常々実感しているのは、中部電力は生き方と働き方を選べる会社なんですよ。男女問わず、仕事一筋にバリバリ働きたい人、家庭と仕事を両立したい人、趣味と仕事を両立したい人…、本当にいろいろな社員がいます。結婚、出産に限らず、どのようなライフスタイルでも働き続けられる環境と制度が整っている会社だと思いますよ。
福井
お二人も、何も心配せずに仕事を頑張ってもらえれば大丈夫ですよ。
永井小林
とても心強いです。本日はありがとうございました!

Data

  • case.1 社内結婚して共働きで頑張るご夫婦にインタビュー!
  • 子育てとキャリアを両立する先輩とその上司にインタビュー!
Introductionへ戻る