若手社員クロストーク

Cross talk

クロス×トーク

若手社員座談会

入社から半年以上が経った今、若手社員たちは何を思うのか。職種も部署も異なる5人が集まり、中部電力を選んだ理由や今後の目標について、リアルな声で語ります。

Profile

安藤 寛人

岐阜支店 営業部
法人営業グループ
(商学部)

三重県出身。中部電力の内定後に筋トレに目覚め、体を鍛えることが休日のリフレッシュに。

松本 眞子

名古屋支店 電力サービス部
配電技術グループ
(先進理工学研究科 電気・情報生命専攻)

愛知県出身。趣味は旅行で最近はフランス・パリでの海外旅行を楽しんだ。学生時代は応援団に所属。

森合 海瑠

本店 発電カンパニー 火力センター
川越火力発電所 技術課
(理学研究科 物理科学専攻)

香川県出身。中部電力の火力発電の高い技術に惹かれて入社を志す。

長屋 太樹

長野支店 営業部 法人営業グループ
(工学研究科 都市環境工学専攻)

石川県出身。趣味は中国語と統計処理の研究。職場の若手でお酒を飲みにいくことが楽しみ。

樋口 晴菜

名古屋支店 中村営業所 サービス課
(理学部 生物学コース)

福岡県出身。ゲームが趣味で、同じ営業所の人たちともプレイするほど。今回、唯一の入社2年目社員。

  • Talk01 これまでTalk01 これまで
  • Talk02 現在Talk02 現在
  • Talk03 これから Talk03 これから

「これから」中部電力で目指す未来

最後に、これから中部電力へ入社を目指す後輩に対するアドバイスや伝えたいことはありますか?今後、皆さんが中部電力で挑戦してみたいことと絡めて教えてください。

安藤
電力の全面自由化、ガスの全面自由化もあり、当社も組織として大きく変化して新しいサービスなども生み出しながら、競争に立ち向かっていく状況です。チャレンジ精神旺盛な人にぜひ仲間になってほしいですね。
長屋
“挑戦”というのは、今の中部電力を表す言葉だと思います。入社前に抱いていた堅実なイメージとは良い意味で違って、挑戦する人を支えてくれる雰囲気と風土があります。
森合
たしかに。想いがあれば、実現できる環境が整っているよね。私は周りに工学部出身者が多い中、唯一の理学部出身で、入社前は不安に感じていたけれど。貪欲に学びたい気持ちと、知識に対する好奇心さえあれば、どんな勉強をしてきたかはあまり関係ないと思います。要はハートの部分が大事だと思いますね。
樋口
教育制度がしっかり整っていることも魅力だよね。
森合
そうですね。9ヶ月間の研修期間中にみっちり勉強できますし、それを支えてくれる先輩たちの人柄の良さを感じます。新入社員には年齢の近い先輩社員が1名ついてくれて、職場指導員として仕事の面、私生活の面で様々な相談に乗ってくれます。
樋口
人を大切にしてくれる会社であり、育ててくれる会社だよね。何でも悩みを相談できるし。私自身、先輩に育ててもらえたと感謝する場面が本当に多い。
長屋
意思さえあれば挑戦させてくれるだけでなく、それを見守ってくれる温かさがあるんですよね。大きな仕事でも「長屋君はどう考えているの?」と言ってもらえて、方向性から決めさせてもらえたり。

森合
そうそう。私は、現場操作のマニュアルと実際の現場状況が少しだけ異なる箇所を見つけてそのことを先輩に伝えたら、マニュアルの改正を担当させてもらいました。
松本
火力部門は研修中や1年目でも、任せてもらえる仕事が多いのですね。配電部門はお客さまと関わることが多いので、人と話すことが好きな人が向いているんじゃないかな。
樋口
今、私は新入社員の職場指導員を任されているのですが、今後は教育に関わっていきたいという想いが日に日に強くなっています。入社前、インターンシップで感じた人の良さを、今後伝える側になっていけたらいいなと思います。みんなは、今後の目標はある?
松本
私は、電力システム改革による新規参入者の増加や太陽光や風力発電設備の増加で今後ますます電力ネットワークが複雑化していく中で、これまで通りの安定供給を支える力になることが目標です。そのために社内だけでなく、他社や海外にもアンテナを張って、情報収集を積極的にしていきたい。あとは、将来的に日本の安定した電力供給の技術を海外にも広めていきたいと思っています。
森合
グローバルに活躍するのは私の目標でもあります。まだ基礎的な勉強をしているところですが、世界に通用する技術力を身につけて、将来的には高効率の火力発電所を海外にも建設してみたいですね。海外技術研修にも、機会があればぜひチャレンジしたいと燃えています。
安藤
電力自由化の中で勝ち抜いていく当社で貢献したいと思い入社したので、今後はもっと新サービスを拡充し、価格だけではない新しい付加価値を提供していけたらと思います。大学時代、マーケティングの勉強をしていたので、それを生かして何かできないかと考えています。
長屋
サービスの拡充は、今後の課題の一つだよね。今後はお客さまとより深く関わりながら関係性を築き、現状にないサービス体制やサポートを一緒につくっていきたい。法人のお客さまに向けて、独自のソリューションサービスを展開している中部電力なら、必ず実現できると信じています。

貴重なお話をありがとうございました。これから就職活動をする学生の皆さんは、先輩たちの話をぜひ参考にしてみてください。

  • Talk01 これまでTalk01 これまで
  • Talk02 現在Talk02 現在
  • Talk03 これから Talk03 これから