若手社員クロストーク

Cross talk

クロス×トーク

若手社員座談会

入社から半年以上が経った今、若手社員たちは何を思うのか。職種も部署も異なる5人が集まり、中部電力を選んだ理由や今後の目標について、リアルな声で語ります。

Profile

安藤 寛人

岐阜支店 営業部
法人営業グループ
(商学部)

三重県出身。中部電力の内定後に筋トレに目覚め、体を鍛えることが休日のリフレッシュに。

松本 眞子

名古屋支店 電力サービス部
配電技術グループ
(先進理工学研究科 電気・情報生命専攻)

愛知県出身。趣味は旅行で最近はフランス・パリでの海外旅行を楽しんだ。学生時代は応援団に所属。

森合 海瑠

本店 発電カンパニー 火力センター
川越火力発電所 技術課
(理学研究科 物理科学専攻)

香川県出身。中部電力の火力発電の高い技術に惹かれて入社を志す。

長屋 太樹

長野支店 営業部 法人営業グループ
(工学研究科 都市環境工学専攻)

石川県出身。趣味は中国語と統計処理の研究。職場の若手でお酒を飲みにいくことが楽しみ。

樋口 晴菜

名古屋支店 中村営業所 サービス課
(理学部 生物学コース)

福岡県出身。ゲームが趣味で、同じ営業所の人たちともプレイするほど。今回、唯一の入社2年目社員。

  • Talk01 これまで Talk01 これまで
  • Talk02 現在Talk02 現在
  • Talk03 これからTalk03 これから

「これまで」就職活動について

本日はよろしくお願いします。まず、就職活動のお話について伺います。出身地も大学での専攻も異なる皆さんですが、それぞれなぜ中部電力を志望されたのですか。また、入社前に抱いていた中部電力に対するイメージを教えてください。

森合
もともと「人々に与える影響力が大きく、グローバルに活躍できる仕事をしたい」というのが私の就職活動のテーマでした。そのテーマに合致するようなエネルギー関係の会社をいろいろ見た中で、中部電力がいちばん社員との距離が近かったことが、志望を固めた決め手です。
松本
距離の近さというと、どういったところで感じました?
森合
技術職志望者向けの中部電力の自社説明会にあたるエンジニアフォーラムに参加した時、学生3人に対して先輩1人がついてくれて、朗らかな雰囲気の中で話すことができたのがとても良かったです。こんなに少人数で話ができるセミナーは他にはなく、緊張がほぐれたので、突っ込んだ質問もできました。
長屋
私は大学での研究を通して、日本の産業を支えるような仕事に携わりたいと考えていました。当初はエネルギー業界に限らず、様々な業界・業種を見ていましたが、製造業が多くモノづくりが盛んな中部地方で働きたいと考えました。さらに、エネルギーを通してモノづくりの中核を支えることができるのは、やはり中部電力しかないだろうと思い志望しました。
安藤
私は、大学3年の冬にインターンシップに参加したことがきっかけです。営業部門やグループ経営戦略本部の仕事を体験させてもらい、エネルギーの上流から下流まで、幅広い仕事に携われることに魅力を感じました。
樋口
私も同じくインターンシップに参加した一人ですが、先輩たちの人柄の良さに魅かれたというのが大きかったです。
安藤
そうですね。「現状を分析してより良くしていく」という未来志向の考え方ができる、魅力的な先輩が多かったのが印象的でした。
樋口
私は熊本県からエネルギー業界のことを知りたいという簡単な動機で参加しましたが、社員の方は熱意を持って接してくれて、インターンのメンバーともたくさん議論をして「こんな仲間たちと働きたい」という想いが強くなりました。これをきっかけに、学内説明会や事務職志望者向けの自社説明会ジョブフォーラムに参加して数多くの社員の方と接しましたが、どの社員の方も温かく接してくれましたし、同じ方向を向いているなと感じたことも印象に残っています。
松本
私は大学時代、電力をデジタル計測できる「スマートメーター」を省エネに活用することをテーマに研究をしていたので、その学びを生かせる仕事がしたかったのと、地元である中部地方に貢献できる仕事をしたいと考えたのが志望理由でした。
樋口
福利厚生が充実していて、女性も長く働けそうというのは、松本さんも考えた?
松本
はい。やはり理系の仕事だと、男性社員の方が圧倒的に多いイメージがありましたので、女性社員が活躍されている会社に行きたいと思っていました。中部電力はエンジニアフォーラムや採用HPを通じて、女性社員で活躍している人がたくさんいることを知り、ここなら安心して仕事を続けられると思い、志望しました。職場には育児休職から復職してバリバリ働いている先輩もいて、自分も先輩のようになろうと頑張るきっかけになります。

長屋
入社前の中部電力に対するイメージは、どうだった?私はインフラ系ということで、堅実・安定した企業のイメージがあったけれど。
安藤
私も信頼・安定というイメージがありました。でも、一方で様々な事業に挑戦する社風もあって電力自由化が始まっても十分勝ち続けられる会社なのではないかと。
森合
私も入社前から、チャレンジ精神がものすごい会社だと感じていました。電力の安定供給という使命を果たしながら、新規事業に積極的に参加していることに加え、世界トップクラスの熱効率を誇る当社の火力発電技術が大きな決め手になりました。その技術を用いて海外でも発電事業をおこなっていることを知り、エネルギーを通じてグローバルに活躍したいという私の夢にも合致しました。
長屋
たしかに、エンジニアフォーラムで先輩社員から話を聞いた時、エネルギーソリューション部門の業務の面白さや規模の大きさを感じ、新しいことに挑戦する姿勢を支える風土があるなと思いました。入社してから思うと、それこそ「中部電力らしさ」でしたね。
樋口
私を含めそれぞれ違った魅力を感じて中部電力を選んだのですね。少し意外でした。
  • Talk01 これまで Talk01 これまで
  • Talk02 現在Talk02 現在
  • Talk03 これからTalk03 これから